www.juneseattle.com

.

.


車の保険には自賠責保険および任意保険という二つの種類が用いられています。任意保険、自賠責保険の双方ともに、不測の自動車事故など遭遇したときの補償を想定したものですが、実際の内容はやや違っているといえます。2つの保険をよく見ると補償が可能な範囲が同じではありません。※事故の相手に関しては自賠責保険・任意保険の双方で補償されるよう取り決められています。※自分自身へは、「任意保険」のみで補償できます。※自己の私有する財産については、『任意保険』のみで補償します。自賠責保険それだけでは自分自身への傷害ないしは愛車を対象とした補償などの支援は享受できません。さらに相手に対する賠償などですが自賠責保険は死亡してしまった時は上限3000万円後遺障害を与えてしまった場合最大で四千万円というように定められているのです。ただし賠償金が先に挙げた額面を超えることはよくあることに注意しましょう。加えて事故の相手の所有する愛車や家を壊したケースには事故を起こした者による完全な自己負担となるのです。そういった負担を防ぐため任意保険というもう一種類の保険が必要だと考えられます。害を被った人の救いを主な役割とする任意保険にはそれとは一線を画す補償があるのです。※事故の相手方へは、死亡時あるいは傷害の他クルマないしは家屋などといったもののものを補償してくれます。※自分に対しては同乗者も加えて死亡時あるいは怪我を賠償するのです。※自己の所有する財産に関してはクルマを賠償してくれます。そのように数々の面について援助が安心できるものであるということが任意保険における強みなのです。保険の掛け金の負担は必須となってしまいますが、事故を起こした時の相手方のためにも自分のためにも乗用車に末長く乗りたいのであればぜひ任意保険というものに契約を結んでおくに越したことはありません。