www.juneseattle.com

.

.


ここ数年、おおむねどの自動車損害保険を扱う会社も料金つり上げの傾向です。保険料の釣り上げをしてしまうなどということが起こってしまうと私たちの生活にとても大きくインパクトを与えます。では、どういうわけで自動車保険が値段引き上げという事態を迎えているのか、わかりますか。そのことの原因について考えられる事は、大雑把に2項目あるので、ご紹介します。まず最初に、高齢者の乗用車持ちが段々と数を伸ばしていることがあります。自家用車両を保持しているのが当たり前の状態になってしまったことから、老齢の乗用車所持者も増えつつあります。さらに、我が国では超高齢化社会に移行しつつあるというようなこともあるため、年を追うごとにますます高齢の自動車所有者が増えるようです。高齢者のにおいては通常は掛金が割安に設定されている故、自動車保険会社にとってはそこまで積極的にしかけていく理由があるとはいえません。なぜなら、掛金が低額なのに事故を処理する必要が出てきた場合高額な補償費を被保険者に払わなければならないという事情があるからです。このようなケースでは損を取る可能性がきわめて高いと判断されるため会社からしてみれば保険の料金を上げる他に手がありません。そして、2つ目の原因として考えられる事は、若者の乗用車に対する興味のなさです。老齢の運転手は増えつつありますが、それとは逆に比較的若い年代は自動車に対するプライオリティが低くなりつつあるのが現状なのです。ウラ側には何があるかと言いますと、電車・バスなどの移動に関するインフラの整備とお金に関わるものなのです。安定した職業にありつくことが困難な若年の世代が多く存在するため乗用車を手に入れる経済的な余裕がないという人も相当数いるのです。一昔前の感覚であれば、車を保有している事が一般人にとってのステータスと思われていましたが昨今ではそれがステータスであるとは断言できなくなってきたというのは皆さんも実感しているかもしれません。こういった理由で保険の料金がお年を召した方と比較してコストに見合わない若年層の保険申込者が年々数を減らしているのが今の傾向です。こういった事情が理由で自動車保険会社も値段つり上げに及ばざるを得ないのだと考えられます。