www.juneseattle.com

.

.


自動車事故があった場面で、自動車の事故の被害者でも事故を起こした人がミスを全く受け入れないという事はたくさんあります。しようとして起こってしまったのではなくちょっと気が抜けて車をぶつけられた時に、こういった口論に結果なってしまう可能性がないとは言えません。だからと言ってその場で車のみの事故対応され時間が経って異常が出てから行った病院の証拠書類を出すというのは後手後手に回る事はしょうがなくなってしまいます。そうであるなら、車での事故の過失割合はどんな風な判定基準が設定されているのでしょうか。厳密に言いますと警察が認定するのは主に車の事故の大きなミスがあったのは関係したドライバーのどちらかということであり「過失割合」ではありません。まして、明確にされた責任者が警察から明らかにされる事は事はありません。過失割合は当事者の交渉の結果に応じて明確にされ、それが自動車事故の賠償の算定の根拠となる訳です。この場合、お互いが車の任意保険に入っていなかった場合には双方が直接話し合いをせざるを得ません。しかし、当然の事ですがこの協議では、冷静さを失った応報になる場面が多くなります。まして、主張にギャップがあれば万一の場合、訴訟にもつれ込みますが、大切な時間と費用の計り知れない損害は避けられません。そこで多くの場合互いの人に付く自動車保険会社、両者の保険会社に相談を全て任せる手法を活用して、適度な「過失割合」を丁寧に結論付けさせるのです。こういった場合には自動車保険会社は前の車の事故の訴訟の結果から計算した認められた基準、判例集等を基に推測と話し合いを行って「過失割合」を出します。と言いつつも、交通事故の例では遭ったのか起こしたのかに関わらずまず警察を呼ぶのが絶対です。その上で、自動車保険の会社にやり取りをして、これからのやり取りを任せるのが手順になります。状況に応じた仕組みさえ知っていれば、お互いの不毛なやり取りへの展開を回避できるに違いありません。