www.juneseattle.com

.

.


一般的に車の保険の会社は行き届いていると広告を行っていますが乗用車の事故にあったケースで本当にきちんきちんと処理してくれるか心配ですよね。なかでもインターネットやコールセンターで入る事が出来る通販型と呼称する代理店が整っていない車の保険会社では顔が分からないことが不安材料となってしまいがちです。そうは言っても通販型自動車保険と実際に代理店がある自動車保険会社の対応に取り立てて大きな差はないですしダイレクト型自動車保険のほうが固定費が減らせる分月々の保険掛金が安いので自動車の事故をしなければ保険掛金を低くすることが可能です。では、自動車保険の会社で事故対応に優劣があるのかないのかといわれればイエスと答えます。その差は代理店型通販型自動車保険という区別ではなく、個別の自動車保険会社に応じて対応をする時間や日付が異なることが挙げられます。自動車事故はいつ発生するか推測できませんので、受付は24時間365日受付してくれるところは必要な条件となりますし、加えて週末や夜中に起こった対応がちゃんとしているかを知っておくことを忘れてはいけません。自動車保険会社によっては365日受付という条件でも事故受付時間が休日は平日と異なり短くなっている会社もあったりしますので知っておくことが必要です。それとは別にもしかしたらに備えて拠点もきちんとチェックしておくことも忘れてはいけません。どんな大きな会社でも事故処理拠点が多くなければ事故の対応がすぐにされない状況もあったりしますので、家の近くに対応拠点が存在するかどうかも事故対応の差異を判断する基準です。ある程度の大きさの保険会社は区間ごとに事故対応拠点を持っていることが多くあるので対応も十分で自分で行う事故対応にも伝言をしてくれると高く評価されています。